弁護士相談するメリット

注射B型肝炎感染者のうちすべての人が過去の集団予防接種で感染したわけではないので、国からの給付金を受け取るためには、確実に自分が過去の集団予防接種、もしくは集団予防接種で感染した親から母子感染でHBVウイルスに感染したことを証明しなければなりません。こうしたB型肝炎の給付金請求は個人でおこなうこともできますが、上記の証拠資料収集や提出、そして訴訟を起こすための書類作成や手続きなどを自分1人でおこなうのはかなり大変なことです。訴状の作成から裁判所へ行くなどは手間暇がかかりますし、専門的な知識が必要になってきます。

また確実に受給を裁判所に認めてもらうためにも一つ一つの資料の作成や手続きを正確に進めていく必要があります。あくまでも訴訟を起こすという形なので自分でやろうとするよりも弁護士に依頼することがおすすめです。煩雑な手続きをすべて任せることができますし、このB型肝炎訴訟に関しては最終的な給付金とは別に給付金額の4%の金額が弁護士費用として国が補助してくれるので、経済的な面でも精神的な負担を減らすためにもプロの弁護士に依頼するのが良いでしょう。ただしB型肝炎の給付金請求の経験が豊富な弁護士を選びましょう。


参考:B型肝炎の相談【弁護士法人アディーレ法律事務所】