集団予防接種の過去

日本においてB型肝炎の感染は一つの重大な社会問題が関係してきました。日本では過去に学校や保健所での集団予防接種で注射器を独り言に消毒、交換することなく複数人の自動に連続使用されるということが起きていました。実はこの集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった国民が相当の数いたのです。同じ注射器の使用で感染する仕組みとしては、注射器に付着したわずかな血液が次にその注射器を使用する人に入って感染してしまうのです。ほんのわずかな血液でほぼ確実に感染してしまうことからも細心の注意が必要な病気だということがわかります

肺炎もしも成人した人がB型肝炎に感染しても、成人の免疫力ならば一時的に急性の肝炎を発症することがあっても、ほとんどの場合その後治って再び感染することもありません。しかし子供がウイルスに感染してしまうと免疫力がまだ低いためHBVウイルスが肝臓に留まった状態が続いてしまうのです。

そして成人してから慢性肝炎を発症してしまう可能性があります。ですから学校や保健所で多くの子供に対して集団連続予防接種によってこのウイルスが広まる状態にしてしまっていたというのは非常に大きな失敗だったと言えます。